開業したら税務署へ!開業届と青色申告承認申請書を提出してきました

10月 26, 2020

こんにちは。仙人です。

今回は、初めて税務署へ行って、開業届・青色申告承認申請書を提出してきたお話を紹介します。

提出に至った経緯や、書類の作成方法、やっておいたほうがいいことなどを記事内で紹介しております。

それでは紹介していきます。

★一言★
稼ぎ出したら、税務署へレッツゴー!

開業届の提出タイミング

実際のところ、収益が出ていない時や、経費>収益という状況の場合は、開業届を出す必要性は少ないです。

ブログの場合、経費=レンタルサーバー・ドメインなど、収益は、広告塔で儲けた利益です。

開業届を出す理由としては、主に節税ができる点が挙げられます。

簡単な話、お金を儲けて、税金を納める必要がある人が、税金をできる限り取られたくないために、開業届を提出する人が多いです。

そのため、収益が少なく、確定申告するほどでもない場合は、開業届を提出することで得られるメリットは少ないです。

他にメリットを挙げるとすれば、フリーランスとして、他の人にも紹介できることですね。

開業届を出してない段階で、何かしらで収益を得ても、無職と変わりありません。

そのため、自分の職業証明として、使うことはできます。

また、デメリットとしては、役所に届け出を出しているので、確定申告が必要になる点です。

確定申告は、少し面倒な作業なので、よほど職業証明が必要だと感じなければ、開業届を出す必要性は少ないです。

★一言★
収益が増えてきたり、職業証明として、開業届を出そう!

開業届の書き方

開業届は、税務署に行って、実際に記入することができます。

説明を聞きながら、記入することができるので、わからないところを聞きながら記入すると、安心して提出することもできます。

他には、事前にネットで記入することもできます。

おすすめなのがfreeです。

忙しい人や、事前にどのような書類か知りたい方におすすめです!

私は、国税庁のサイトから、ダウンロードして、手書きで記入したのですが、こちらの方法のが楽に記入することができます。

freeでは、確定申告に必要な書類作成が行えるサイトとして有名ですが、開業届も出すことができます。

私は、開業届を手書きで書いた後、確定申告は、どうしようか悩んでいたら、freeを見つけて登録しました(こんなことなら、開業届を記入する時から、登録しとけばよかった・・・)。

freeで、開業届を始めるときは、必要事項を記入して税務署に届けましょう!

特に、屋号(お店の名前みたいの)は、必ずつける必要はありませんが、つけておいた方が便利なのでつけることをおすすめします(屋号について詳しくはこちら)。

★おすすめ★
開業届は、freeを利用するのがおすすめ!

開業届と一緒にやっておきたいこと

開業届を行い、確定申告をネットで書いて、提出する場合、e-tax(国税電子申告)という申告方法で提出することになります。

e-taxで提出されると、書類で提出するよりも、10万円多く節税することができるので、おすすめの方法です。

しかし、e-taxで申告する場合は、マイナンバー方式でやるのがおすすめです(e-taxの申告方法はこちら)。

★やらない方がいいこと★
確定申告は、書類で提出すると、e-taxより節税が10万円少なくなるよ!

そのため、マイナンバーをまだカードとして所持していない方は、市役所に発行の手続きをしに行きましょう。

私は、通知カードのままだったため、マイナンバーカードを発行しに行くことになりました。

申し込みから、1ヶ月ほどで受け取れるので、早めに発行しておきましょう。

もちろん、マイナンバーカードを持っていなくても、開業届を提出するのに支障はないので、開業届とともに、手続きをしておきましょう。

★やった方がいいこと★
マイナンバーカード発行も忘れずに!

税務署へ行けるなら行くのがおすすめ

税務署へ行ける余裕がある人は、税務署へ行くことをおすすめします。

記載内容について、質問できるのはもちろん、e-taxの仕組みや、貴重に必要な書類についても、教えていただくことができます。

特に、確定申告の時期(2月16日〜3月15日)は忙しいと思うので、その期間を避けて、税務署へ提出しましょう!

郵送だと、返信用封筒や、個人番号確認書類をコピーしないといけないという、少し面倒なことがあります。

そのため、税務署へ提出することをおすすめします。

★一言★
疑問点も専門の方に聞けちゃうから、できるだけ税務署へレッツゴー!

まとめ

今回は、開業届を提出した経緯について、紹介しました。

以上のことをまとめます。

  1. 費用<収益になってきたら、開業届を出すのをおすすめ。
  2. 開業届は、freeを使うことで簡単作成。
  3. 開業届を印刷したら、できるだけ税務署へ直接提出に行く。
  4. マイナンバーカードを持っていない方は、発行することも忘れずに。

ご覧いただきありがとうございました。

★おすすめ記事★

副業

Posted by sennindesu